最新情報

佛画と御縁

自分の求める理想の佛画と出逢えるかどうかというのは御縁だとおもいます。

私は中々出逢える御縁が少ないですが、

其は、御佛が決める事だとおもっております。

今はまだ出逢える事ができなくても、いつか出逢えるかも知れないと思いますと、

とってもたのしみですね。

逆に手元から離れる場合もお店ですから、当然ありますね。

 

素晴らしい佛画に出逢える事も御縁。

チョットお気に入りの佛画と離れ離れになる事も御縁だと私は、思います。

 

でも、また新しい佛画が入り店に並ぶわけですから、

おもいでの中で美しくいつも輝く事でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

佛画と感性

佛画というのは、時代によって雰囲気が異なる訳で御座います。

勢観では、平安時代-近代まで広く取り扱っております。

例えば、

わたしは、中世時代の佛画が好きですが、

わたしは、違う時代の佛画が好きですとおしゃられる場合も珍しくありません。

例えば、

わたしは、貴狐天王の佛画が凄いとおもいますが、

わたしは、倶利伽羅龍王の佛画が好きですとおしゃられる場合も当然あります。

感性の違いですよね。

例えばですね わたしが

この佛画は

基本が確りと守られた素晴らしい都づくりの佛画です、

代々に渡り伝えられていかれる事をお考えのようでしたら、肉筆を御薦めさせていただきたいですね。とお話しても、

印刷を購入していかれる場合もあります。

私と感性が異なるだけですから其は大した話では無いのですが、

大切な事は佛画を気に入ってくださる事だとおもいます。

だからこそ、商品揃えなんですね。

だからといって何でもいいからという訳にはいきませんから、

基本が守られた佛画、雰囲気が優れている佛画

この二点だけはどの佛画に置いても大切に致しております。

佛画でわからない事がありましたら、お気軽にお問い合わせ願います。